次世代の起業家とイノベーターへ
未来を作るビジネスリーダーのための
交流フェスティバル

2024 8.1 12:00 START!

  • 会場1,000
  • オンライン500
開催まで
あと66

会場:ベルサール汐留

交流会 18:00 START

Concept

コンセプト

未来を共に創る

未来を共に創るビジネスリーダーのための
交流フェスティバル。

挑戦を追求するビジネスリーダー、起業家、イノベーターが一堂に会し、
次世代のビジネスモデルと戦略を形成するための共創の場です。
このフェスティバルは、参加者に対して、業界をリードする専門家や既に成功を収めた起業家から学び、
直接対話する機会を提供し、ビジネスリーダーの挑戦を後押しします。

エアトリ・アスティーダ フェス
2024 東京とは?

業界を牽引する経営者と起業家の講演、パネルディスカッション、
先進企業の展示、有意義な交流会を通じて、革新的なビジネスヒントを得て、
将来のパートナーと出会い、自身のビジネス道を拓く場を提供します。

参加条件

下記のいずれかに当てはまる企業・担当者が対象です。

  • 経営者・CXO・経営幹部
  • 大手企業の幹部・新規事業担当者(登壇者・参加者が繋がりたい事業会社他)
  • VC・金融機関
  • 行政関係、地方自治体

SPEAKER

スピーカー ※ご登壇予定
大石 崇徳

大石 崇徳

Munenori Oishi

株式会社エアトリ

東証プライム上場

証券コード:6191

取締役会長・グループ創業者

早川 周作

早川 周作

Syusaku Hayakawa

琉球アスティーダ
スポーツクラブ株式会社

代表取締役会長兼社長

青木 正之

青木 正之

Masayuki Aoki

株式会社Ubicom
ホールディングス

東証プライム上場

証券コード:3937

代表取締役社長 (CEO)

井川 幸広

井川 幸広

Yukihiro Igawa

株式会社クリーク・
アンド・リバー社

東証プライム上場

証券コード:4763

代表取締役会長(CEO)

長谷川 政樹

長谷川 政樹

Masaki Hasegawa

トキエア株式会社

代表取締役

小田 玄紀

小田 玄紀

Genki Oda

SBIホールディングス株式会社

常務執行役員

戸井田 和彦

戸井田 和彦

Kazuhiko Toida

三井金属鉱業株式会社

取締役

佐野 健一

佐野 健一

Kenichi Sano

株式会社ビジョン

代表取締役会長CEO

木下 勝寿

木下 勝寿

katsuhisa kinoshita

株式会社北の達人
コーポレーション

代表取締役社長

岩田 匡平

岩田 匡平

Kyohei Iwata

株式会社BuySell Technologies

東証グロース上場

証券コード:7685

代表取締役会長

工藤 勉

工藤 勉

Tsutomu Kudo

株式会社エフ・コード

東証グロース上場

証券コード:9211

代表取締役社長

柴田 裕亮

柴田 裕亮

Yusuke Shibata

株式会社エアトリ

東証プライム上場

証券コード:6191

代表取締役社⻑ 兼 CFO

チャン バン ミン

チャン バン ミン

TRAN VAN MINH

株式会社ハイブリッド
テクノロジーズ

東証グロース上場

証券コード:4260

代表取締役社⻑CEO

王 伸

王 伸

Shin Wang

株式会社インバウンド
プラットフォーム

東証グロース上場

証券コード:5587

代表取締役社⻑CEO

山﨑 敦義

山﨑 敦義

Nobuyoshi Yamasaki

株式会社TBM

代表取締役 CEO

柴原 祐喜

柴原 祐喜

Yuki Shibahara

株式会社FUNDINNO

代表取締役CEO

窪田 光洋

窪田 光洋

Mitsuhiro Kubota

iYell株式会社

代表取締役社長兼CEO

秋山 匡秀

秋山 匡秀

Masahide Akiyama

株式会社かんざし

代表取締役社長

森本 千賀子

森本 千賀子

Chikako Morimoto

株式会社morich

代表取締役

All Rounder Agent

熊重 晃

熊重 晃

Akira Kumashige

株式会社まぐまぐ

東証スタンダード上場

証券コード:4059

代表取締役

SESSION

セッション

TIME TABLE

タイムテーブル

過去の英知を知り、最新のテクノロジーを知り
経営を圧倒的にアップデートする

Session 1-2 13:00-13:45
Session 3-4 14:00-14:45
Session 5-6 15:00-15:45
Session 7-8 16:00-16:45
Session 9-10 17:00-17:45

OUTLINE

開催概要
名称
エアトリ・アスティーダ フェス 2024 東京
開催日時
2024年8月1日(木)12:00~12時開場
  • 13時~各セッション、パネルディスカッションスタート!
  • 18時~交流会受付開始
  • 18時30分~ご登壇者・全ご参加の皆様を交えたパーティ(交流会)
会場
ベルサール汐留
セッション
全10セッション以上/登壇40名以上(予定
定員
会場1000名限定・オンライン500名限定
参加条件
事前申込制
参加費
通常価格5万円
【現地参加】早割 5月末まで4万円(交流会参加費1万円込)
【オンライン】早割 5月末まで4万円(交流会参加費1万円込)
【オンラインのみ】早割 5月末まで3万円
主催
株式会社エアトリ
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

CORPORATE PARTNERS

共催企業

BENEFITS

参加特典

全セッションのアーカイブが期間限定で見放題!

申込者限定で全て公開します。
当日選んだセッションと同じ時間で聞けなかったセッションも全て視聴可能!

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】
⚫︎当ベント申し込みに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
⚫︎イベントのお申込みでご提供いただきましたお客様情報(お客様のご意見やご感想(アンケート)の回答の共有・共催企業から提供いただいた情報を含む)は、
株式会社エアトリ及び琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社が取得し、本イベントのスポンサー企業に提供いたします。
スポンサー企業は、各社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理し、取得したお客様情報を以下を含めた各社の営業、マーケティング目的に利用します。
⚫提供する個人情報は各協賛企業のプライバシーポリシーに従って管理され、取り扱われます。
⚫提供する個人情報は提供方法については、メールやファイル共有サービス等の方法で行われます。
⚫私は、協賛企業の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。
⚫私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。

【プライバシーポリシー】
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社
https://ryukyuasteeda.jp/privacy-policy/
株式会社エアトリ
https://www.airtrip.co.jp/privacy/

【キャンセルについて】
参加費は、別段の定めがある場合を除き、返金されないものと致します。

大石 崇徳

大石 崇徳

Munenori Oishi

株式会社エアトリ

東証プライム上場

証券コード:6191

取締役会長・グループ創業者

1972年生まれ。
明治大学在学中に株式会社エアトリの前身の会社を起業し、2007年に株式会社エアトリを共同創業し、取締役会長に就任。
2016年に東証マザーズ上場、2017年に東証一部に鞍替え上場。
2018年に株式会社DeNAトラベルを子会社化。
その後、子会社の株式会社まぐまぐが東証JASDAQに、グループ会社の株式会社ハイブリッドテクノロジーズが東証マザーズに、子会社の株式会社インバウンドプラットフォームが東証グロースに上場。
複数社、上場準備中。2023年通期の連結取扱高は1,045億円の実績。

早川 周作

早川 周作

Syusaku Hayakawa

琉球アスティーダ
スポーツクラブ株式会社

代表取締役会長兼社長

大学受験直前に父親が蒸発
新聞配達で学費を捻出して明治大学に進学し在学中に起業。
元首相の秘書として勉強し、28歳で衆議院選挙に出馬、次点。
その後日本最大級の経営者交流会を主催。
約90社の顧問やアドバイザーの立場でベンチャー企業を指揮する。
2018年琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社代表取締役に就任。
2021年3月、プロスポーツチーム初となる株式上場を果たす。
同年4月、子会社の九州アスティーダ株式会社を設立し、取締役に就任。
また明治大学MBAビジネススクール講師、国立大学法人琉球大学客員教授、国立大学法人秋田大学客員教授に就任。
2021年12月、『琉球アスティーダの奇跡』を上梓、ForbesJAPAN「今年の顔100」に選出された。

青木 正之

青木 正之

Masayuki Aoki

株式会社Ubicom
ホールディングス

東証プライム上場

証券コード:3937

代表取締役社長 (CEO)

1958年生まれ。
1985年に株式会社ワールドの子会社である、株式会社ルモンデグルメに入社、最年少で取締役となり、1995年に親会社であるワールドに転籍。
同時に阪神淡路大震災により打撃を受けた事業を立て直すため、情報通信産業に進出、子会社を立ち上げる。
2007年に株式会社AWS(現・Ubicomホールディングス)として独立、2016年にはマザーズ市場に上場。
2017年に「Ubicomホールディングス」に社名変更し、東証一部へ市場変更。
2022年には東証プライム市場へ上場した。
また、東京ニュービジネス協議会の副会長として、「アントレプレナー創出委員会」を立ち上げ、次世代を担うベンチャー企業の経営者支援を通して、若い起業家の育成にも力を入れている。

井川 幸広

井川 幸広

Yukihiro Igawa

株式会社クリーク・
アンド・リバー社

東証プライム上場

証券コード:4763

代表取締役会長(CEO)

1960年佐賀県生まれ。毎日新聞映画研究所(現:毎日映画社)に勤務後、フリーのドキュメンタリー番組等のディレクターとして活動。
1990年クリーク・アンド・リバー社を設立。
2000年にナスダックジャパン1号銘柄として上場し、2016年には東証一部に。
現在は東証プライムに上場している。
18分野でプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開。50分野への事業拡大を目指している。さらにメタバースやXR、AI等とプロフェッショナルの叡智を無限にかけ合わせて、新しいサービスを創出し続けている。
2020年4月より一般社団法人東京ニュービジネス協議会会長。

長谷川 政樹

長谷川 政樹

Masaki Hasegawa

トキエア株式会社

代表取締役

日本航空㈱入社後、新潟県庁、ジェットスター・ジャパン㈱、三菱重工㈱を経て現職。
日本航空㈱では、ビジネスプランの策定にて機材導入計画に基づく運航乗務員配置計画、採用等に関わる業務、また空港業務改善並びに、空港施設開発等、国内フルサービス航空事業に従事。
新潟県庁では交通政策局にて港湾振興に従事。震災時の新潟港利用拡大に寄与。
ジェットスター・ジャパンでは、創業期にジェネラル・マネジャーとしてビジネス戦略部門、運航乗務員等のマネジメント制度設計及び、空港開発部門に従事。三菱重工では、三菱航空機(株) にダイレクターとして配属、航空機運航に関わる乗務員の訓練等を統括。
日本、欧州、米国航空局との調整業務を担当。
国内及び外資系航空会社、航空機メーカーでの経験等を通し、外資系と日本企業との長所を融合した最適ソリューションを提案。
また官民での業務経験を活かし、規制緩和等に関わる調整経験は豊富。

小田 玄紀

小田 玄紀

Genki Oda

SBIホールディングス株式会社

常務執行役員

『頑張る人が報われる』を当たり前にするために2001年に起業。
その後、社会起業家支援やベンチャー支援、事業再生などを手がける。
『社会起業家』『スタートアップ支援』『再チャレンジ』などの価値観を浸透させた。
2016年に暗号資産交換業であるビットポイントを創業、同社がSBIグループと資本業務提携を締結し、2023年6月よりSBIグループに参画。暗号資産の認定自主規制団体である一般社団法人日本暗号資産取引業協会の会長も務める。
2018年紺綬褒章受章。
2019年世界経済フォーラムよりYoung Global Leaderに選ばれる。

戸井田 和彦

戸井田 和彦

Kazuhiko Toida

三井金属鉱業株式会社

取締役

1975年 日産自動車入社。営業部門を中心に商品企画、販売促進、財務、販売会社の立ち上げ、再建・再編など広範囲に業務を経験。
2001年 カルロス・ゴーンの下で常務(SVP)に抜擢、グローバルアフターセールス部門の立ち上げ・利益拡大に貢献。
2005年 日本事業担当となり、日本ネットワークの再編を主導した。
2010年 株式会社ファルテックの代表取締役社長に就任。
当時、業績が悪化していた同社を再建。2013年 東証2部、2014年に東証1部に上場させた。
2018年 学校法人立教学院常務理事 2020年 理事長
2022年 三井金属鉱業 取締役会議長
現在  数社、数校の顧問、理事、若手経営者の育成を行っている。

佐野 健一

佐野 健一

Kenichi Sano

株式会社ビジョン

代表取締役会長CEO

代表取締役会長CEO
1969年鹿児島県生まれ。
1991年光通信入社、すぐに営業トップの成績を収める。数年で部下800人を率いる事業部長に就任。
1995年静岡県富士宮市で起業。ビジョンを設立し、代表取締役社長に就任。国際電話サービスの販売事業をスタート。
2012年海外用モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「グローバルWiFi®」を開始し、中核事業に育てる。
2015年東証マザーズ上場、翌2016年に東証一部へ市場変更(現在、東証プライム市場上場)。
2023年3月代表取締役会長CEOに就任。
著書に『経営は「進化」だ!起業から上場への道のり』がある。

木下 勝寿

木下 勝寿

katsuhisa kinoshita

株式会社北の達人
コーポレーション

代表取締役社長

(株)北の達人コーポレーション代表取締役社長。
資本金は1万円、社員は自分一人というところから起業し、独自のWEBマーケティングで時価総額1000億円の東証プライム上場企業まで育て上げた現役の代表取締役社長兼現役D2Cマーケッター。
X(旧Twitter)での情報が「現役の上場企業社長からマーケティング理論を学べる」と多くのビジネスマンの心を掴み、フォロワー数は7万人超え。
独自の管理会計理論、マーケティング理論、仕事術、組織論を書いた著作はどれもベストセラー入りしており、累計27万部を超えている。
事業においては「北の快適工房」という化粧品、健康食品ブランドのD2C事業を行っており、社長を務めながらもWEBマーケティング部長を兼任し、現在もマーケティングの最前線で戦っている。

岩田 匡平

岩田 匡平

Kyohei Iwata

株式会社BuySell Technologies

東証グロース上場

証券コード:7685

代表取締役会長

東京大学工学部システム創成学科卒。
株式会社博報堂を経てマーケティングコンサルティング等を提供するOWL株式会社(現・株式会社AViC(9554/東証グロース))を2013年に創業。
ベンチャー企業を中心とした急成長企業のマーケティング活動を幅広く支援。
2016年6月より株式会社BuySell Technologies(7685/東証グロース)のコンサルティングを開始し、2016年10月に取締役として当社に参画。
リユース事業全体を管掌し、2017年9月に代表取締役社長兼CEO就任、2019年12月東証マザーズ市場に新規上場。2024年4月に代表取締役会長へ就任。

工藤 勉

工藤 勉

Tsutomu Kudo

株式会社エフ・コード

東証グロース上場

証券コード:9211

代表取締役社長

東京大学在学中にコンサルティング会社参画。
バーティカルメディア企業経営を経て、2006年株式会社エフ・コードを創業し、デジタルマーケティング支援を開始。
2013年よりSaaS事業を開始。2021年12月に東証マザーズ(現:東証グロース)市場へ上場。
既存事業領域を中⼼に、シナジーのある同業種あるいは隣接領域のソリューション強化を図るべく、上場時から現在(2024年4月1日時点)までに計11件のM&Aを実施。

柴田 裕亮

柴田 裕亮

Yusuke Shibata

株式会社エアトリ

東証プライム上場

証券コード:6191

代表取締役社⻑ 兼 CFO

2005年、監査法人トーマツに入所し野村證券での出向を経験。
法定監査、IPO支援業務、証券審査などに従事。
トーマツ帰任後は、IPO支援室の中核メンバーとして数多くの上場案件に関与。
2015年、エアトリの取締役CFOに就任。 2016年の東証マザーズ上場、2017年の東証一部市場変更を牽引。
2019年に同社代表取締役CFOに就任し、2020年に同社代表取締役社長 兼 CFOに就任。
グループで4社が上場(2020年まぐまぐ、2021年ハイブリッドテクノロジーズ、2023年インバウンドプラットフォーム)、投資先を含めて17社が上場しており、M&Aや投資事業(エアトリCVC)で約130社、84億円の投資実績。

チャン バン ミン

チャン バン ミン

TRAN VAN MINH

株式会社ハイブリッド
テクノロジーズ

東証グロース上場

証券コード:4260

代表取締役社⻑CEO

1986年ベトナム生まれ。
1994年に初来日し、大学まで日本で過ごす。
ベトナム国家大学ハノイ校卒業後、ベトナムにて就職。
その後、日系企業現地法人の代表、ベトナム情報通信大手の日本法人代表を経て、2016年に株式会社ハイブリッドテクノロジーズを創業。
2021年にベトナム人初の東証グロース市場上場を果たす。

王 伸

王 伸

Shin Wang

株式会社インバウンド
プラットフォーム

東証グロース上場

証券コード:5587

代表取締役社⻑CEO

慶應義塾大学経済学部卒業後、税理士法人トーマツで移転価格戦略コンサルティングに入社。
KPMG税理士法人で国際事業アドバイザリーを経験。
その後、株式会社エアトリ経営企画室室長、執行役員、取締役COOを経て、2018年に株式会社インバウンドプラットフォーム代表取締役社長に就任し訪日旅行事業を展開。
2023年に東証グロース市場上場を果たす。

山﨑 敦義

山﨑 敦義

Nobuyoshi Yamasaki

株式会社TBM

代表取締役 CEO

20歳で起業後、2011年にTBMを創業。
Japan Venture Awards 2016「東日本大震災復興賞」受賞。
Plug and Play 2016「世の中に最も社会的影響を与える企業-ソーシャルインパクトアワード」受賞。
新たな事業領域に挑戦し 、イノベーションを起こすアントレプレナーを表彰するEY Entrepreneur Of The Year 2019Japan、Exceptional Growth部門「大賞」を受賞。
世界経済フォーラム(ダボス会議)ユニコーン・コミュニティ、社団法人日本経済団体連合会(経団連)の会員。
日経スペシャル「カンブリア宮殿」10周年500回記念番組に登場。

柴原 祐喜

柴原 祐喜

Yuki Shibahara

株式会社FUNDINNO

代表取締役CEO

2009年カリフォルニア大学卒業。2012年明治大学大学院グローバルビジネス研究科修了。
大学院での研究テーマは「未上場企業の価値算出」。
2012年システム開発・経営コンサルティング会社を設立。
日本のスタートアップ環境を盛り上げていきたいとの思いで共同代表の大浦とともに、2015年株式会社日本クラウドキャピタル(現:株式会社FUNDINNO)を設立。
代表取締役CEOに就任。
日本初の第一種少額電子募集取扱業として、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」を開始する。
また、金融関連企業5社・金融関連分野に携わる有識者・法律家からなる『金融関連分野におけるブロックチェーン技術実務適応研究会』の発足・運営に幹事企業として携わる。

窪田 光洋

窪田 光洋

Mitsuhiro Kubota

iYell株式会社

代表取締役社長兼CEO

2007年:SBIホールディングスに入社し、SBIモーゲージ(現アルヒ株式会社)に配属
2010年:最年少で越谷店舗の店長に就任
2012年:債権管理部長に就任
2014年:最年少で執行役員に就任し、住宅ローンの商品組成や販売審査などを担う事業部を統括
2016年:iYell株式会社を設立

iYell株式会社
事業内容:住宅事業者向けクラウド型住宅ローン業務支援システム「いえーるダンドリ」を始めとし、住宅事業者向け・金融機関向け・エンドユーザー向けのサービスを幅広く展開
資金調達額:累計資金調達額80.5億円
従業員数: 314名
グループ会社数:6社

秋山 匡秀

秋山 匡秀

Masahide Akiyama

株式会社かんざし

代表取締役社長

株式会社エアトリの創業期からオンライン旅行のECサービスの立ち上げを担当。
新規事業担当、法人営業、ITオフショアの営業役員を経て、ベトナムに2年間駐在しグローバル展開を管掌し東南アジアの営業とWEBサービスの構築、ベトナムエンジニアの開発チームの管理を兼務。
エアトリ・エアトリインターナショナル(旧DENAトラベル)取締役、シンガポール法人Giamso International Tours Pte LtdのCEOなど歴任。
現在、エヌズ・エンタープライズ、かんざしの代表取締役社長としてエアトリ経済圏の地方創生事業・クラウド事業を管掌。
数多くのエアトリグループ事業の立ち上げに携わり、子会社上場を目指す。

森本 千賀子

森本 千賀子

Chikako Morimoto

株式会社morich

代表取締役

All Rounder Agent

現リクルートに入社、25年在籍。
CxOクラスの採用支援を中心に、3万名超の求職者と接点を持ち2,000名超の転職に携わる。
リクルートでは、累計売上実績歴代トップ、全社MVP等受賞歴30回超。
2017年 株式会社morich設立。
人材紹介事業の他、スタートアップ支援やビジネスマッチング等、多様な事業を展開。
NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」「ガイアの夜明け」出演、「日経on-line」「PRESIDENT」連載等の各種メディアにも。
『本気の転職』等十数冊の著書執筆、講演多数。
社外取締役・NPO理事・顧問、各種行政・自治体委員等も歴任し「パラレルキャリア」を意識した多様な働き方を体現。
二男の母の顔を持つ。

熊重 晃

熊重 晃

Akira Kumashige

株式会社まぐまぐ

東証スタンダード上場

証券コード:4059

代表取締役

1985年生まれ、福岡大学経済学部卒業。
2007年に株式会社穴吹コミュニティに入社後、営業に従事。
2013年に株式会社まぐまぐに入社し、営業部長やサービス部長、取締役を経て、2023年12月に代表取締役に就任。
デジタルコンテンツプラットフォームとメディア事業の拡大に尽力し、事業推進と事業開発に力を注ぐ。

セッション1

エアトリグループ4社のIPOへの道のり

  • 登壇者
    2

    大石 崇徳

    Munenori Oishi

  • 登壇者
    2

    大石 崇徳

    Munenori Oishi

  • 登壇者
    14

    チャン バン ミン

    TRAN VAN MINH

  • 登壇者
    15

    王 伸

    Shin Wang

セッション2

このセッションでは、企業同士の融合がどのように成功し、持続可能な成長をもたらすかについて、ZVCJAPAN 下垣社長(ZOOMJAPAN社長)と三井金属鉱業株式会社戸井田役員(元日産常務取締役)がわかりやすく解説します。大企業とスタートアップの協力がもたらすメリットとデメリット、そして今後のシナジーの可能性について、具体的な事例を交えて解説します。

大企業とスタートアップの融合が上手くいくためのポイント
それぞれの立場から見たメリットデメリット
今後どのように共存・繁栄していけばいいのか?

参加者は、これらのポイントを通じて、大企業とスタートアップの融合がもたらす具体的な成功事例や戦略的なアプローチについての洞察を得ることができます。経営者としての視点、企業文化の違いを乗り越える方法、そして実際の事例から学ぶことで、持続可能な成長を目指すための実践的な知識を深めることができます。

大企業とスタートアップの融合

全ての企業が共存する未来はあるのか?

  • 登壇者
    2

    大石 崇徳

    Munenori Oishi

  • 登壇者
    6

    戸井田 和彦

    Kazuhiko Toida

セッション3

官民連携の地方創生

  • 登壇者
    3

    早川 周作

    Syusaku Hayakawa

  • 登壇者
    19

    秋山 匡秀

    Masahide Akiyama

  • 登壇者
    10

    長谷川 政樹

    Masaki Hasegawa

  • 登壇者
    2

    大石 崇徳

    Munenori Oishi

セッション4

このセッションでは、TPM(東京プロマーケット)とナスダック上場のメリットと課題について、メディロムの江口社長(ナスダック上場)、フィリップ証券の脇本常務、アーリーワークスの小林社長がそれぞれの経験と見識を共有します。上場市場の選択が企業の成長にどのように影響を与えるかを探ります。

なぜTPMやナスダックを選択したのか?
TPM & ナスダック上場のメリットと課題
自分に合った株式市場を見つけるためには?

参加者は、TPMとナスダック上場の具体的なメリットと課題を理解し、自社の成長戦略に最適な上場市場を選択するための実践的な知識を得ることができます。

TPMとナスダック上場のメリットと課題

今だからこそそれぞれの目的に合わせた株式上場を目指せ・・・

  • 登壇者
    3

    早川 周作

    Syusaku Hayakawa

セッション5

未上場企業の大型資金調達

  • 登壇者
    4

    青木 正之

    Masayuki Aoki

  • 登壇者
    17

    柴原 祐喜

    Yuki Shibahara

  • 登壇者
    18

    窪田 光洋

    Mitsuhiro Kubota

  • 登壇者
    16

    山﨑 敦義

    Nobuyoshi Yamasaki

セッション6

このセッションでは、社会課題先進国である日本が直面する問題と、それに対する取り組みについて議論します。ストライクの新井社長、SBIホールディングスの小田常務、琉球アスティーダの早川会長が、世界から見た日本市場の可能性、少子高齢化や後継者不足に伴うビジネスの変化、AI時代に求められる経営者の姿について具体的な事例を交えて解説します。

世界から見た日本市場!そこには可能性があるのか?
少子高齢化・後継者不足からみる今後のビジネスの変化
AIの時代に求められる経営者としてあるべき姿とは?

参加者は、日本が直面する社会課題に対する具体的な解決策や、未来の経営に求められる視点を学ぶことができます。

社会課題先進国の日本がこれから取り組むべきこと

社会課題とどのように向き合い、どのように経営していくべきか?

  • 登壇者
    4

    青木 正之

    Masayuki Aoki

  • 登壇者
    5

    小田 玄紀

    Genki Oda

セッション7

M&Aによる成長戦略

  • 登壇者
    9

    井川 幸広

    Yukihiro Igawa

  • 登壇者
    13

    柴田 裕亮

    Yusuke Shibata

  • 登壇者
    11

    岩田 匡平

    Kyohei Iwata

セッション8

このセッションでは、次世代リーダーの育成と女性活用の取り組みについて、株式会社じげんの波多野社長、株式会社morichの森本社長、AI CROSS株式会社の原田社長が具体的な事例を交えて解説します。全て女性経営者によるセッションで、現代の多様性を尊重したリーダーシップ育成の方法を探ります。

令和風、次世代リーダーの育成方法と日本における育成課題は何か?
女性を活用し、成功に密びくための秘訣とは?求められる環境とは?
現代のリーダーに求められる資質・考え方・行動力とは?

参加者は、次世代リーダーの育成と女性活用の具体的な方法や成功事例を学び、実践的な知識を得ることができます。

次世代リーダーの育成

現時代にあったリーダー育成と女性活用の取り組み方

  • 登壇者
    9

    井川 幸広

    Yukihiro Igawa

  • 登壇者
    20

    森本 千賀子

    Chikako Morimoto

セッション9

上場企業の短期中期長期の成長戦略
会員企業数約900社、東京ニュービジネス協議会(NBC)の
過去・現在・未来

  • 登壇者
    5

    小田 玄紀

    Genki Oda

  • 登壇者
    4

    青木 正之

    Masayuki Aoki

  • 登壇者
    9

    井川 幸広

    Yukihiro Igawa

  • 登壇者
    2

    大石 崇徳

    Munenori Oishi

セッション10

このセッションでは、デジタルフォーメンションを通じて地方を元気にするための具体的な取り組みについて、株式会社ビジョンの佐野社長、北の達人コーポレーションの木下社長、株式会社リブ・コンサルティングの権田常務が議論します。ITの力で日本の地方がどのように変わり得るか、その未来を展望します。

地方デジタル化におけるビジネスチャンスとは?
デジタル技術導入の課題と解決策、今まだ浸透しないITマインド
ITがもたらす地方の新たな価値創造

参加者は、地方におけるデジタルフォーメンションの具体的な取り組みや、その成功事例を学び、地方活性化に向けた実践的な知識を得ることができます。

デジタルフォーメンションで地方を元気に

ITの力で日本を地方を元気にするために向かうべき未来

  • 登壇者
    5

    小田 玄紀

    Genki Oda

  • 登壇者
    8

    木下 勝寿

    katsuhisa kinoshita

  • 登壇者
    7

    佐野 健一

    Kenichi Sano